なぜか三鷹市よりお届け

白髪染めで失敗しないための選び方

白髪染め

こんな白髪染めの選び方はいかがですか

最近の市販されている白髪染めの種類はおしゃれ染めの引けを取らないくらいに実に豊富です。液剤にはクリームタイプ、乳液タイプ、泡タイプがあり、更にその中でも使いきりタイプと保存可能タイプの2種類に分けられます。

最近は色味も様々で、従来の明るいものから暗いものに加え、赤みを帯びたものや青みをお帯びたものなど多種にわたります。


そんな種類豊富な白髪染めを選ぶの難しいと思います。そこで、髪の毛の量や長さ、白髪の量、染めて貰える人の有無に注目してはいかがでしょうか。

髪の長さや量で使い切りタイプと保存可能タイプか選べます。白髪は明るい色には染まりにくいので、白髪が多くて隠したい時には暗めの色だと目立たなくなります。染めて貰える人が居ない場合、後頭部は見えないので心配ですが液剤が泡ですと、他の液剤に比べ染めムラ等の心配は減ると思います。

参考:http://www.newsab.com/

白髪染めでアンチエイジング効果

30代の中頃から、男女共に徐々に白髪などの悩みが増えていきます。白髪は、年齢を重ねることで髪の毛の色素自体が白くなり起こる現象で、老化現象の一つです。また年齢と共に髪にハリがなくなり、薄毛も気になります。このように白髪が多くなることや薄毛など、どうしても老けて見えるものです。

髪の毛をカラーリングする白髪染めで、いつまでも若々しくいたいものです。


白髪染めは、自分で自宅で手軽に行えます。

市販の白髪染めは多種多様にあり、クリームタイプやムースタイプなど誰でも簡単に白髪染めが行えるものや、白髪染め専用のトリートメントタイプなどもあります。また髪の毛の生え際などの白髪が目立つ箇所に、マスカラタイプで瞬時に白髪を隠せるものもあります。白髪は老けて見えるものですので、しっかり白髪染めでアンチエイジングすることです。

最新記事